パヤパヤ昭和歌謡探偵局

素晴らしき昭和歌謡の世界へようこそ。ミエ・まり・ゆかり3人娘からキヨ、フィフィ、リンダのオールスターが勢揃い。ジュリー、ひろみ、秀樹も健在だよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人気blogランキングに投票お願しま~つ】

”おはぎ”買ってきまつたー!

ありゃ、所長は出かけたのかな?
せっかく甘党の所長が喜ぶと思って買ってきたんでつけど、
いないんならポクがひとりで食べちゃうもんねー。
あ~ん

ジリリリーン、ジリリリーン、ジリリリーン・・・

んぐぅ・・・うぅううぅ、ゴクッ!
はい、パヤパヤ・・・ゲホッ!ゲホッ!探偵局・・・ゲホォォォ!!

「あー、アンタかい?石太郎さんってのは?」

そうでつけど、なんでしょうか?

「月曜にやった『徳光&コロッケの”名曲の時間です”』なんだけどね。
アンタと所長さんの対談のレビュー読ませてもらったよ。
オレはね、その日の晩は残業で会社にいたから見られなかったんだよね。
ちあきなおみの映像はいつの時代のものが流されたんだい?」

いや、あの、えーと。

「洋服だった?和服だった?どんな髪型だったの?」

それは番組を見てもらえば・・・。

「だからオレは見てないっつーの!見なかったから訊いてんじゃねぇの。
アンタと所長の対談。なんだいありゃ?
どういう映像が放送されたのかその肝心要なことについて
ほとんど語ってないじゃねぇか。
知りたいことがな~んにも書かれてないんだよ、バカヤロ!」

ガチャン、プツッ!プー、プー、プー・・・

はぁぁぁ~。

考えてもみればまったくその通りでつたねぇ。
TV番組のレビューなのに、具体的に記したのは曲名だけ。
あとは歌手批評一辺倒で、
視聴者が興味を持っている番組内容そのものについては触れずじまいでつたね。
そういえば、このあいだビルのエレベーターのなかでこんな会話がありまつた。


  「ねえ、ゆうべのNHKの森進一みた?」
  「うんうん、とってもきらびやかな衣装だったわ~。
  ラメが入ったコバルトブルーのスーツが素敵」
  「でもネクタイがもうひとつ平凡ね。
  歌うときの目線もなんか元気がなかった。前髪も変な風にヨレてたし」
  「やっぱり昌子との離婚の傷からまだ癒えてないのよ、きっと」

  あのぉ、森進一、何の曲を歌ったんでつか?

  「あら?なに歌ってたかしら。女のためいき?」
  「やだぁ、そんな昔の歌じゃないわよ。
  なんか新曲だったみたい、忘れちゃったけど」


歌謡ファンの関心って、
そういううわべのところから入っていくんでつよねぇ。
だからといってそれを笑っちゃいけないんでつ。
どういうファッションでTVに映っていたのか、
それも歌の文化の大切な要素でつね。

ということで、
明日ポクひとりでもう一度視覚的な面から番組を検証してみまつ。

みなしゃま、どーもすみませんでつた(ぺこり)。

つづく

※追記『徳光&コロッケの”名曲の時間です”』(9月26日テレビ東京系)

【人気blogランキングに投票お願しま~つ】
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://showakayo.blog26.fc2.com/tb.php/7-8131b5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。