パヤパヤ昭和歌謡探偵局

素晴らしき昭和歌謡の世界へようこそ。ミエ・まり・ゆかり3人娘からキヨ、フィフィ、リンダのオールスターが勢揃い。ジュリー、ひろみ、秀樹も健在だよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人気blogランキングに投票お願しま~つ】

テレビ東京で『名曲ベストヒット歌謡』の放映終了後に
ちょっと興味深い番組を観ましたので触れておきます。

『音の葉』というテレビ東京系毎週月曜日21:48から数分間の番組です。

各界で活躍する30代以上のゲストを迎え思い出の曲を紹介する
という内容だそうで、
10月3日のゲストは作曲家の都倉俊一でした。

都倉俊一の思い出の曲は、ビーチ・ボーイズ「ファン・ファン・ファン」
父の仕事の関係でベルリンで暮らしていた高校一年生のときに
出会った曲とのこと。
「ファン・ファン・ファン」のイントロがとにかくカッコよくて、
当時ベンチャーズなどのエレキブームとは違った衝撃を味わったとのこと。
僕が受けたビーチ・ボーイズの影響は、
メロディーやリズムが体のなかに残っていて、
それが自分のノリになって出てくること。
「ファン・ファン・ファン」は僕にとってアメリカそのものだった。
都倉俊一は目を輝かせて熱っぽく語っていました。

この人がビーチ・ボーイズのファンであることは以前から知っていましたが、
60年代のロック系洋楽には相当影響を受けているようです。
10代の頃に吸収したそれらのエッセンスが、
都倉俊一が70年代に手掛けた歌謡スターたち、
山本リンダ、フィンガー5、ピンク・レディーのヒット曲によく現れていますね。
都倉俊一の世代の人たちの活躍が、
グループサウンズの登場から歌謡界に大きな変革をもたらしたわけで、
テレビ東京も、今後の歌謡特番では
その辺りにもスポットを当てて取り上げてほしいです。

ところで、都倉俊一が番組で手にしていたビーチ・ボーイズのアルバム
『BEACH BOYS CONCERT』はシングルジャケでした。
ジャケ表のレーベルロゴはキャピトルとEMIマークが並んでいて、
stereoの表記が右上白地のオビに小さく入っておりました。
(米国オリジナル盤は見開きダブルジャケット、ジャケ表EMIマークなし)
これは米国盤でないことは明らかで、これって独盤なのか?
そんなところについ目がいってしまうポクは相当ビョーキでつねぇ~。

ちなみに次回10月10日のゲストは女優渡辺えり子
取り上げる曲はクイーン「伝説のチャンピオン」とのこと。
興味のある方は、是非ご覧になってくだしゃい。

【人気blogランキングに投票お願しま~つ】
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://showakayo.blog26.fc2.com/tb.php/15-75b2edae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
都倉俊一
都倉俊一都倉 俊一(とくら しゅんいち、1948年6月21日 - )は作曲家。東京都出身。海外ではシュン・トクラ名義で活動。学習院大学法学部卒業。4歳のころからバイオリンを習う。父親が外交官であったことから、小学生時代・高校時代をドイツで過ごし、そ
2007/08/04(土) 11:44:20 | みうのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。