パヤパヤ昭和歌謡探偵局

素晴らしき昭和歌謡の世界へようこそ。ミエ・まり・ゆかり3人娘からキヨ、フィフィ、リンダのオールスターが勢揃い。ジュリー、ひろみ、秀樹も健在だよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人気blogランキングに投票お願しま~つ】

コメントをいただいてまつた。
ありがとうございます。
そして、すっかりレスを忘れてまして、
ポクっていつもダメダメでホントにごめんなしゃ~い(ぺこり)。

> DOBROさん・・・
> 買っちゃいました。
> こんにちは。
> 買っちゃいましたよぉ。BOXセット第二弾。
> 勿論、プレゼントする気なんてさらさらありません。
> へへ。
> まだ全然聴いてないんですけどね。忙しくて。
> たしかにちょっと高かったですね、値段。
> 今度のはブックレットが別建てになっています。
> 全然、BOXとは関係ない大きさ。
> どうせだったら、このブックレットの大きさにあわせたBOXにしてくれるとか、
> THE BANDのA MUSICAL HISTORYのような
> 豪華本+CDみたいな感じでいくとかだったら、もっと良かったのに。
> (もっと素敵な値段になっちゃいそうですが・・・。)

ようこそいらっしゃいませ。
そういえばザ・バンドの最新BOXの輸入盤を今日レコ屋で見つけまつた。
ほしいっっっ!!
あ、話題がそれまつた、圭子たんでつた(笑)。
やっぱり、通販ものって値段ばかり張って、
その割りにはなんだかな~というのがありまつよね。
恐らく店頭売りに比べてプレス枚数も少ないでしょうし(500~1000くらいか?)、
通販は力が入らないのかな~。
つーか、どこか外部が監修しないといいものができないという、
レコード業界って昔からそういうところがありまつよね。
情けねぇ~。

> kumikoさん・・・
> 石丸電気でレコードを売っているのですか、知りませんでした。
> 今度行ってみます。
> 「肉の万世」のパーコーメンが大好きです。

ようこそいらっしゃいませ。
石丸電気のレコード販売は、
昔はセールになると決まって新聞一般紙のTV欄の下あたりに
広告を打っていましたから有名なんでつよ。
でも、アキバといえば「肉の万世」でしょ~
というのもゴモットモなご意見でつねぇ(笑)。

> Arthurさん・・・
> アントニオ古賀、懐かしいです(笑)。
> 小学生の頃、NHK教育テレビに「ギターをひこう」という
> クラシックギターの教養番組があって、テキストまで買って見ていました。
> その講師を務めていたのがアントニオ古賀でした。
> その頃はクラシック一辺倒の人だとばかり思っていたのですが、
> 今考えると、テキストに出ていた広告に「その名はフジヤマ」がありました。

ようこそいらっしゃいませ。
アントニオ・古賀はイメージではやはりギターの人でつよね。
歌手としてヒットを飛ばしていたというイメージはポクにもありましぇんでつた。
この人も古賀政男の血を受け継ぐ人なだけに素晴らしいアーティストでありまつ。

> 美中年さん・・・
> 秋葉原と言えば・・・
> こちらでは始めまして・・・(笑)
> カキコはお初ですが、必ず拝読しております。
> わたくしも秋葉原、特に石丸電気へは通ったものです。
> わたくしのイメージでは、秋葉原と申せばオーディオ、レコード(特に輸入盤)、
> そしてパーツ専門店・・・などが強く、最近の変貌ぶりには驚くばかりです。
> まあ昔からマニアックな地域ではございましたので、
> 別のマニアも呼び込んだのでしょうね。(笑)
> ヨドバシのオープンへは行きましたが、
> これを機に、電気街としての息を吹き返してほしいものです。

ようこそいらっしゃいませ。
そうそう、アキバにヨドバシできたんでつよね。
今度行ったときに寄ってみまつ。
石丸は以前ほど家電のイメージが強くなくなって、
かといってパソコン関係もほかに押されていると思いまつ。
となると、最後の砦はAVソフト販売なんでつよね。
でもAVソフトも今やネット通販主流でつから、
この手の店は今後なんらかのサービスを充実させて売っていくしかないでしょうね~。

> bassclefさん・・・
> こんちわ。bassclefです。大田裕美・・・僕もTVで見ました。
> ベサメ・ムーチョの話しをした直後の「九月の雨」・・・
> バッキングも3~4人で何やらラテン風、リズムも何やらタンゴ風?
> (すみません、ラテン詳しくないので:笑)でびっくり。
> でも違和感なかったし、僕も「いい歌だなあ・・・」と聴きました。
> 大田裕美って、高音では「ふにゃあ~」とした声に聞こえますが、
> けっこう中・低域では「太く鳴る」・・・巧い歌い手だと思います。
> 僕も好きだなあ・・・。

ようこそいらっしゃいませ。
歌唱力は昔と比べて落ちてないと思いまつ。
裕美タンの場合は声量が飛び抜けているというタイプではないく、
ハイトーンの伸びとその声質に人には真似できない個性があることでつ。
いつまでも年齢を感じさせないキャラで元気に歌い続けてほしいでつね。

> donaldduck2005さん・・・
> こんばんは。私も太田裕美、伊勢正三、どちらも大好きです。
> 太田裕美さんは九月の雨でレコード大賞にノミネート!されたんですよね。
> とれませんでしたが。個人的には「しあわせ未満」が好きだったな。
> 正やんについては自分のところでも書きましたので、TBさせてください。
> よろしくお願いします。

ようこそいらっしゃいませ。
レコ大ノミネートは「九月の雨」でつたか。
77年でつよね。
裕美タンも当時はヒット曲が多くピークでつたね。
今のJ-POPファンは裕美タンの歌を聴いてどう感じるのでしょうか。
今度そちらにも遊びに行きまつね。

> Reikoさん・・・
> TVは、残念ながらみられませんでした。
> 正ヤン、太田裕美
> やっぱり、いいですね。
> ん~、なつかしい!!
> 「22才の別れ」も「九月の雨」ももっています。
> 「九月の雨」の頃は、確か20前後で、レコード屋で働いてました。
> ですが、今、実家にあります。
> レコード、持ってきたい!
> 置き場所を考えなくては、トホホです。
> たくろうの「人間なんて」
> 荒井由実は、少しとチューリップ少しは、持ってきているのですが。

ようこそいらっしゃいませ。
裕美タンは70年代のアイドルとフォーク、ニューミュージックを繋ぐ
重要なポジションに位置していましたね。
ユーミンにチューリップかぁ。
その辺も書きたいなぁ~~~。
でもこれ以上手を広げるともうパニックであっぷあっぷでつ。
当面は歌謡曲1本で行こう。。。

みなしゃん、どうもありがとうございまつ。
これからもコメントをどしどしお寄せくだしゃいませ。

今日はもう疲れてしまいまつた。
ニュースはまた明日にいたしまつ。

【人気blogランキングに投票お願しま~つ】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。